FC2ブログ
オレンジわんこの部屋
プロフィール

オレンジわんこ

Author:オレンジわんこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

情に流されず、公平さを保つ・・・永遠のテーマ
余命1か月と言われていたスタッフAさんのお家のワンちゃんが昨日午前中に亡くなりました。


家にいたご主人からのラインで知ったAさん

目を真っ赤にさせながら仕事をしていたので

午後は本人からの申し出があれば、気持ちよくお休みを許可しようと思っていました。

が、

午前の仕事が終わっても涙ぐむばかりで何も言いだしません。

前日も突然休んだので、さすがの彼女も言い出しにくかったのでしょう。

私も本当は「休んでいいよ」と言いたかったのですが

他のスタッフの手前「午後は無理をしないように」とだけ伝えました。

後は本人に任せようと…。

予想通り 「お言葉に甘えて」と言って彼女は休みました。

心優しいスタッフのNさんは「亡くなったのがわかった時点ですぐにAさんを帰して自分が代わりに入れば(彼女の持ち場)よかった」と言いましたが

スタッフが足りないという事は、回りまわって患者さんへのサービスの低下につながるのだと私👹はNさんに
言いました。

現に昨日の午後、足の指を固定して定期的に受診をしている患者さんが来院した時、私…本当にそう思ったんです。

患者さんには「固定はお風呂の時だけ外して、出たらまた自分ではめるように」と言ってあったのですが

怖くて出来ないとの事で足が随分汚れていました。

人手が足りていればその場で足浴をするところ

昨日は診察介助・検査・点滴注射など私一人で担当。

次の患者さんも数人ほど待っていたこともあって

レントゲンを撮った後汚れたまま帰してしまったのです。



またそれとは別に、昨日はタイミング悪く

以前から午後の休みを希望していた別のスタッフがいましたが

彼女は今月3回目の有休希望だったので、他の人より‘取りすぎる’という理由で

用事が終わったら遅刻でもいいから来てほしいと頼んでいました。

その手前、愛犬を失くしたAさんには「休んでいいよ」とはっきり言わないまでも

ニュアンス的には促した形になってしまい

私自身、有休希望を却下した彼女に本当に悪いことをしたと・・・。 ( ノД`)ごめんね~

彼女がどんな思いでいたかと思うと申し訳なくて・・・。

結局彼女は遅刻しないで午後の勤務に就きました。

きっと用事の方はキャンセルしたのでしょう。



そういったガタガタの中、さらにガタガタさせることをしてくれた優しすぎるNさん。

ワンちゃんのためにお花を送りたいと、スタッフの皆に声をかけたのです。

以前は‘一同’からとしてお花を渡していたこともありましたが

もらった側にお返しなどの負担がかかることから、これからはやめようって決めたはず。

今回も犬の通院や介護で急に休んだり早退したりしているのだから

そこまでする必要があるのかと疑問を持つ人ももしかしたらいるかもしれませんしね・・・。

      (^^;) 毎日見ているとわかりますとも。


まあ、とにかく女だけの小さな職場は大変なんですよ。 (;´д`)トホホ



また月曜日が始まります。

何事もなかったように自然体でいきたいと思います。
スポンサーサイト