FC2ブログ
オレンジわんこの部屋
プロフィール

オレンジわんこ

Author:オレンジわんこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

吹けば飛ぶよな猫の家 (^_^;)

猫ハウスを増築しました。


夜、子猫たちはハウスの中に入っているのに

お母さん猫は外で座っている・・・。

寒いのに・・・そんな日がちょっと続いていたので

もう一つ発泡スチロールで平屋のお家を作ってあげました。

20181125154227f1b.jpg 正面からだと既存の家と何ら変わりありませんが

横から見ると

2018112515422665e.jpg 前面に全く同じものが増えているのがわかると思います。(見にくいでしょうけど)

手前のハウスの後ろにも通り道を作り、既存の家の出入り口とつなげました。

既存の家にはもう一つ緊急用出入口があるので

正面から他のノラ猫さんが近づいてもすぐ逃げられます。



今まで目が合う度にお母さん猫に叱られていましたが

最近は多少減ってきたんじゃないかと・・・。(^^;

でも昨日は出勤しようと玄関のドアを開けたら

日向ぼっこをしていた?親子とはちあわせして

お母さん猫に思いっきり威嚇され、怖くて一旦家の中へ逃げ込みました。(私のほうが)

もっと堂々としなくっちゃいけないのでしょうが・・・

う~ん・・・猫ちゃん・・・やっぱ怖いんで…。


20181125181246cc4.jpg  今日の猫さんたち。

お兄ちゃんはお散歩中なのかな。 
手前がお母さん。後ろはお兄ちゃんより頭一つ分体長が短いおチビちゃん。


20181125182705807.jpg 夜の食事風景で画像が悪いのですが、後ろから見ると大きさの違いがよく分かります。


あっ、そうそう・・・。
猫さんの不思議だなと思う行動。
‘窓ぎりぎりまで近づいて家の中をのぞく’
好奇心旺盛なのかな~。  (^_^;)


スポンサーサイト
大学生なのに(?)忙しそう  
大学生になっても三者面談というものがありまして・・。

先日行ってまいりましたよ。


最初、大学からの指定時間が19時50分~と言うのでびっくり。 (◎_◎;)マジ?

‘地方人’からすると帰りの新幹線・・・それも‘こだま’に・・・

タイミングよく乗って帰れるのだろうか・・・それが心配で

学年部長宛に時間変更のお願いメールを送り

息子の授業が終わる時間に合わせての16時20分にしていただきました。


前期のテストですでに9人が留年決定だそうで。

息子も再テストを受けた科目もあったと教授から聞いてびっくりしました。

とにかく去年も先輩たちが二十数人留年し

今年息子たちのクラスに仲間入りしたと・・・。(◎_◎;)

という事は・・・

後期のテストで今年もあと十数人落されるってこと??? (だって教室が一杯になっちゃうもんね)

とにかくここの学部はいつも「テスト!テスト!」って言っているようで・・。

勉強が好きではない息子も平日は毎日夜の9時、10時まで大学の自習室でレポートを書いたりテスト勉強をしたりしているようなんです。

甘っちょろい母親としては、何浪もし苦労してきた分やっと大学生になれたのだから

しばらくはアルバイトをしたり、友達と旅行に出かけたり

勉強以外にももっともっと大学生らしい楽しみ方をしてほしいな~と思っていました。(自分が楽しんできたように(^_^;))

で、言ったわけですよ。

教授に。

もっと子供たちに自由な時間を与えてほしい!って。

お盆やお正月に帰省しても家でテスト勉強をしているので家族団らんの時間が持てない!って。

(;´∀`) 追試を受けるような学生の親が言う言葉じゃないのですが

心底そう思ったんで…。

まあ、返事は想定内の内容でしたけどね。

面談が終わり、教授から「今日もやっていきなさいよ」 (校舎が閉まるまで)と言われ

とりあえず大学近くのパスタ屋さんで食事を済ませ、そこで別れました。



今年の年末年始もゆっくりできなさそうです。

20181106184103d11.jpg




おまけ
201811232114347dc.jpg 実家用
レンコンとパプリカの甘酢がけ & ダンナさん作・モツ煮(鍋を汚さないで温める方法・・・湯せんにかけられるようジップロックに入れてみた)


2018112321143548f.jpg 実家に行ってから急いで散歩に行った・・・でも寒くて全然歩いてくれなかったよ~。


食べ物事情

20181118211605ae3.jpg

今日の午前中は、ダンナさんがまだ寝ている間に買い物を済ませ

実家に持って行く食事を準備しました。

写真ではわかりにくいのですが、お浸しとポテトサラダ、シチューです。

シチューは先日初めて作って食べてみたらとても美味しかった
201811182116583ad.jpg このルーです。

遠藤憲一さんが「お~まいふれんど💛お~まいふれんど」って歌っているCMのもの。

私はハマりました。 (^○^)


午前中はお昼ご飯用に、姉がお好み焼きを焼いて持って行ったそうです。

ですからこれらのおかずは夕飯用です。

どうして娘たちが引っ切り無しに食事を作って持って行くのかと言いますと

一言で言うと、母が作らないからです。(困ったね~)

でもって・・・少し前から父の体調が優れず、車の運転ができない状態になっているので。


そんな我が実家の近くに先月大きなドラッグストアがオープンしました。

母が食べる物でも買いに行ってくれるとこちらも助かるのですが・・・駄目ですね~。

なにせ外に出たがらない人ですから・・。

父が熱を出して寝込んでいた時、母は「お雑炊を作ったりしていたよ」と自慢げに電話で話していましたが

実際はテーブルに温めるだけの雑炊のレトルト(買い置き)が置いてあり、父が自分で温めて食べたようです。
(◎_◎;)後日父証言。

母自身は何を食べていたかと言うと、バナナとかパンとか、ヨーグルトとか納豆ごはんとか・・・。

食に興味がない人なので、とにかく火を使わない、洗い物が出ない食べ物なら何でもいいようですね。

そんな状態ですから、父が寝込んでからはずっと姉が出勤途中に食べ物を運んでいました。

私も仕事が休みの時は炊き込みご飯や煮物を。

ただし、食器を洗いたがらないので容器は使い捨てのもの。

姉は自前のお皿に入れて持って行っていたので

母は「お姉ちゃんはこんなに重たいお皿に入れてくるから洗うのが大変よ!」って愚痴っていました。



私の中ではもう・・・父がかわいそうでかわいそうで…。(´;ω;`)ウゥゥ

今まで私たちが仕事で疲れている時、父は片道1時間以上もかかる港まで行って魚を購入し

自分でさばいて沢山‘酢の魚’を作って持ってきてくれました。

「酢は疲れを取ってくれるから」と。

そんな思い出があるから、今、歳を取った父に食べてもらいたくてやっているわけで

でも母は「あなた達も忙しいんだからこんなことしてくれなくていいんだよ」といいます。

それならあんたが作りなさいよ!

って言いたいのですが・・親子でも本音はなかなか言えないものです。



おまけ
20181118211604e82.jpg 最近買った漫画、笑えました。「猫のあるある・犬のあるある」が沢山描かれていて。😊
医院の待合に置いてみようと思います。






受け継ぐ
先日、名古屋に住む叔母が「渡したいものがある」と言うので

‘久しぶりの再会’をしてきました。

叔母は母の妹で、私の大好きな人です。

性格は母とは全くの正反対。

おおらかで細かいことは気にしないけれど

周りへの気配りがよくできる

優しくて可愛らしい女性です。

子どもは私と同い年の息子一人。

姉さん女房をもらって尻にひかれまくっています。 😓

叔母は正式には結婚をしていません。

パートナーになる人は叔母の年齢より二回りも大きく

数年前に高齢で亡くなりました。

でもそのパートナーさんも昔から私の実家の家族とは仲が良く

度々‘センチュリー’を(自分で)運転して遊びに来ていました。

私や姉は子供の頃からパートナーさんのことを「○○くんのパパ」

母たち大人は「社長さん」と呼んでいましたが、今思えば・・・ちょっとね・・・。 (^_^;)

私が結婚してダンナさんの転勤に伴い名古屋で生活をしていた時には

よく食事にも誘ってくれました。     「嬉しい」って言ってたな~ 😊



そんな○○くんのパパが趣味で集めていた時計を

私のダンナさんにあげたいと生前言っていたとのことで

今回ちゃっかりそれを頂いてきたわけなのですが・・・。

見れば新品の時計が三つ。(◎_◎;)

そのうち一つは時計に興味がない人でも一目見てすぐわかるブランドでした。

ダイヤも使われていて、うちのダンナさんには‘猫に小判’です。

だって‘Gショック’で満足しているのですから。

とりあえず我が家には似つかわしくない腕時計ですが

大切にしまっておくことにします。

大学生の息子が「ほしい!」と‘食いついて’きましたが

渡すのはまだまだ先。

それが似合う歳になったら・・・と思っています。


嫁には内緒で・・・。





おまけ

先日ダンナさんと一緒に食べたランチ。
40年以上続いているロシア料理のお店です。
20181117134942078.jpg  2018111713494403e.jpg  ボルシチ

20181117134945819.jpg  ピロシキ      2018111713494790c.jpg 羊肉の串焼き

20181117134948057.jpg デザートは‘桃の何とか(^_^;)’   20181117134949a71.jpg いちごジャムがポイントの甘い紅茶

たまには変わった食べ物も面白いですね。






父の受診
先週から父が熱を出していて

内科で薬をもらって飲んでいました。

熱の方は落ち着いてきたのですが、日曜日の夜遅く今度は

「ろれつが回らない、足がふらついてうまく歩けない。脳梗塞が心配だから今からタクシーで救急病院へ行きたい」と。

う~ん、電話では確かにしゃべりにくそうではあるけれど・・・でもなんだか口が乾いて粘膜がペタペタ張り付いているような喋りだし・・・。

受け答えの反応はいいし。問いかけにはすぐ返答できるし。

両手は力が入るようだし。

     それに私、ワイン飲んじゃったしな~。(^^;

足のふらつきはどんな人でも風邪をひいて寝ていればそうなるもんね。 (^_^;)

緊急性無いんじゃないの~って思うし。

でも、でも!もし小さな梗塞でもあったら大変だし。

あ~、電話だけで判断するのって難しい。

とりあえず梗塞ではないという事にして (娘・・・いい加減(^^;)  

水分を沢山摂ってもらって月曜日の朝一で、近所にある‘かかりつけ’の内科の先生に判断をしてもらおうということで

父には納得してもらい電話を切りました。


当日の朝は出来るだけ早く診察をしていただくため、実家に行く前に受付を済ませることにしました。

ドアオープンの時間に合わせて受付へ。

でも融通の利かないクリニックでしたね~。 (´;ω;`)

当日予約は後回しにされるようで、早くても10時30分。

もしMRIなどの検査が必要になった場合、それから紹介状を書いてもらっても

とても午前中の受付(11時)には間に合いそうにありません。

そのことを伝えると一応医師には確認してくれましたが返事はやはり10時30分。

「あと2時間だから家で待っているのが心配ならここの待合で座ていてください」と若い受付さん。 _| ̄|○

緊急性を疑う症状の患者さんは、普通予約患者さんの合間に‘入れる’ものとばかり思っていたので

この対応には驚きました。

こちらの先生、かかりつけと言っても今まで長年お世話になってきた循環器の先生が引退され

今年の春、クリニックを‘まるまる’引き継いだ若い先生です。(息子でもなく赤の他人)

一気に沢山の患者さんを受け持つことになって大変だとは言え

定期のお薬の患者さんと、早めの診察が必要な患者さんの振り分けが出来ないような循環器では

私個人的にはお付き合いしたくないな…と思いました。

とは言っても両親共々今後も診てもらわなければならないので

そこは穏便に「父と相談してきます」と言ってクリニックを出てきました。



実家に行くと、喋りにくさとふらつきはあるものの病的ではなさそうなので

知り合いの脳外科クリニックに連れて行き3DCT検査。

そしていろいろな問診と画像の結果から‘脳梗塞は無い’という診断をしていただき

無事自宅に到着。😄

それが10時30分。


いろんな意味で‘やれやれ’な週明けでした。




おまけ
うちに‘入り浸り’な地域猫の親子
2018110914294528d.jpg 兄弟で朝から激しい遊び

201811091429437ba.jpg 20181109142942561.jpg  20181109142940d40.jpg  


2018110914294660c.jpg 庭のベンチで子猫を見守る母猫。 いつも周りをキョロキョロ安全確認。 私たち人間はまだまだお母さん猫に唸られています。「怖い、怖い 😭」


お出かけしました
文化の日。

紅葉を見ながら‘ピザ’を食べましょうと

ダンナさんの運転でわんこと共にちょっと遠出をしました。

今回行ったお店は、実は過去二回ほど食べそこなっていまして

リベンジを込めての再々訪問だったんです。

初回は時間が夕方だったためにお店は閉店したばかりで

二回目はピザが売り切れ。

その時は若い奥さんらしい人が申し訳なさそうに五平餅を勧めてくださいました。(おいしかったですよ)

そして今回三度目。(あれから二年?)

20181103184331362.jpg  が~~~~~ん ( ノД`)

お店がつぶれていましたー!

雨どいも外れ、あちこち蜘蛛の巣が張り、見るも無残な姿に・・・。

写真はピザ窯をバックに写したものです。

食べ物屋さんは厳しい世界なんだとつくづく実感・・・。


紅葉は・・・と言いますと

まだ早かった・・・。_| ̄|○

20181103184331283.jpg ワンコもベロンチョ 「ママしゃん、ついてないでしゅね」 (^^;



朝から食事もとらず出発したのでダンナさん、空腹で機嫌悪い悪い。ヽ(`Д´)ノ

ワンコ連れだとお食事処も一気に選択の幅が狭くなるし・・。

コンビニでおにぎりでも買って車の中で食べようかとも思いましたが

なんとか近場でワンコOKのカフェが探せたので行ってみました。


201811031843361aa.jpg  20181103184333e46.jpg 小川のせせらぎを聞きながらお外でいただきます。

20181103184337fa4.jpg  201811031843344a4.jpg 


カフェはおしゃれなご夫婦(60代?)が営んでいました。

奥さんは‘草刈民代’によく似た美人ママで

ご主人は優しそうなおじ様と言う感じ。

お店のスタイルはテラス席のみセルフサービスとのことでしたが

結局ご主人が全て運んできてくださり

コーヒーのおかわりまで準備してカップに注いでくださいました。(*´ω`*)

場所的にここのお店は本当にわかりにくいのですが

いつまでも隠れ家的カフェとして‘ひっそりこっそり’流行ってほしいな~と思いました。